白石区のおもな出来事年表

厚別区のおもな出来事
年  月で  き  ご  と
明治4年9月旧白石藩士ら約400人が、北海道開拓のため威臨丸に乗り出帆。
4年11月旧白石藩士ら67人、望月寒の地を選び、厳寒のなか開墾を始める。
岩村判官により「白石村」と命名される。
5年3月村学舎・善俗堂建つ(現白石小学校)。
23年11月豊平川に東橋架かる。
36年4月白石駅開業。

大正7年10月白石-定山渓間の定山渓鉄道開通。
15年8月苗穂-苫小牧間の北海道鉄道開通。
村内に東札幌、月寒、大谷地、上野幌の各駅できる。

昭和5年8月上白石橋完成。
20年5月白石村にはじめて診療所が開所。75年間の無医村解消。
25年7月白石村が全村札幌市に編入。
31年4月国道12号線舗装始まる。
47年4月政令指定都市施行により白石区誕生。
48年9月千歳線切り替えにより大谷地駅、月寒駅、上野幌駅が廃駅となる。
48年10月白石区の木「ポプラ」と花「バラ」が決まる。
49年11月白石区民センター完成。
51年3月「白石区ふるさと会」発足。
6月地下鉄東西線、白石駅まで開通。
8月第1回白石区ふるさとまつり開催。
57年3月地下鉄東西線、新さっぽろ駅まで延長開通。
60年12月第二白石区体育館(現白石区体育館)完成。
61年4月白石区の木に「ナナカマド」が加えられる。
11月水穂大橋完成。
12月白石区ふるさと会とポートランド市南東地域が姉妹提携。

平成元年12月分区により白石区の東部が厚別区に。
8月環状夢の橋完成。
2年9月白石区の個性ある街づくり事業「いきいきライフ白石」スタート。
1月白石区社会福祉協議会設立。
3年白石東連絡所・地区体育館オープン。
4年区制20周年記念事業の実施。
12月白石温水プール完成。
5年2月菊水連絡所・地区体育館オープン。
3月北東白石連絡所・北都地区会館オープン。
6年5月「区の花バラいっぱい運動」始まる。
白石サイクリングロードリフレッシュ整備始まる。
12月「白石区ふれあいネットワーク」始まる。
8年4月JICA札幌国際センター開設。
10年3月白石区まちづくりビジョン策定。
11年7月川下公園開園。
14年10月産業振興センター・市民情報センターオープン。
14年12月白石清掃工場本格稼動。
15年3月札幌市民防災センターオープン。
15年6月札幌コンベンションセンターオープン。
16年9月平和大橋完成。
20年5月白石区のマスコットキャラクターのデザインが決まる
7月白石区のマスコットキャラクターの名前が「しろっぴー」に決まる
22年4月白石区保育・子育て支援センター(ちあふる・しろいし)がオープン
 

戻る